旭川の水生生物調査を行いました。

  9月10日(水)、食品科学科1年生の生徒35名は、科目「科学と人間生活」の授業で旭川の水生生物調査を行いました。生徒達は、学校のすぐ北側にある川岸に歩いて移動し、久米託矢先生の指導の下、網と生物確認カードを使って、真剣に調査に取り組んでいました。今日は少し水かさも多かったこともあり、生徒の中には思わず衣服を濡らしてしまう生徒もおり、充実したフィールドワークとなったようです。調査の結果、きれいな水(水質階級Ⅰ)の指標生物であるナガレトビケラ類やヒラタカゲロウ類、ややきれいな水(水質階級Ⅱ)の指標生物であるカワニナやスジエビ等が採取でき、鮎の住む比較的きれいな川環境であることがわかりました。

IMG_5840[1]IMG_5839[1]

カテゴリー: 未分類, 1年団   パーマリンク

コメントは受け付けていません。